*相互RSS  (相互RSSサイト募集中!)*

Powered by Ayapon RSS! オススメ アバクロ通販 スタッフブログ

ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/

お知らせ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

意見などがある場合、相互リンク申し込み、RSS申し込み はこちらにコメントください。 また漢字変換ミスがあった場合もよろしければこちらでお知らせください。

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チートコードとは、メモリ上に格納されているデータのアドレスとそれを変更する値の組み合わせです。
チートコードを CWCheat で読み込むことによって、ゲームデータを強制的に改ざんすることができます。
読み込むためには ms0:/seplugins/cwcheat/cheat.db にチートコードを書き込む必要がありますが、書き込み方にいくつかの制約があります。



まず、CWCheat 導入方法をお読みください。



<チートコードについて>


チートコードは以下のように構成されています。
_S ゲームID
_G ゲーム名
_C0 コード名
_L コード(1~複数行)

_S ゲームID
マスターコードと呼ばれ、一番最初に書き込む最も重要なコードです。ゲームIDはゲームパッケージの背表紙に記述されています。

_G ゲーム名
マスターコードとセットです。ゲーム名は半角英数字ならば、なんでも良いです。

_C0 コード名
コード名も、半角英数字ならば、なんでも良いです。「_C0」はチートコードの適応を自動実行しない、「_C1」は自動実行するを意味します。「_L コード」とセットです。複数個使用する場合は、セットごとに続けて記述します。

_L コード
データのアドレスとそれを変更する値です。複数行ある場合は、続けて記述します。




<書き込み方法>


1、ms0:/seplugins/cwcheat/cheat.db をメモ帳などのテキストエディタで開きます。
※右クリック>プログラムから開く>メモ帳から開けます。


2、はじめから、たくさんのチートコードが入っていますが、乱雑に入り混じってわかりにくいので、全て削除します。


3、探してきたチートコードを書き込みます。
※コードとコードの間にスペースを入れてはいけません。


4、上書き保存して終了です。




<備考>
複数のゲーム、コードを入れるときは以下のようになります。

_S ULJX-XXXXX
_G XXXX
_C0 XXXX
_L XxXXXXXXXX XxXXXXXXXX
_L XxXXXXXXXX XxXXXXXXXX
_C0 XXXX
_L XxXXXXXXXX XxXXXXXXXX
_S ULJX-XXXXX
_G XXXX
_C0 XXXX
_L XxXXXXXXXX XxXXXXXXXX
          ・
          ・



CWCheat でチートコードが表示されない場合は、コードとコードの間にスペースが入っていたり、半角英数字以外で記述してあったり、コード自体が間違っています。
スポンサーサイト
  • PSP用チートプラグインを自動で導入できる「iCheat R3 Beta 2」


通常PSPでチートコードを適用するには自分でコードを調べ適用させていかなければならず、非常に手間がかかりました。
iCheat R3 Beta 2 を使用すればそれらの煩わしい作業を一気に自動化できます。



改造方法解説~cwcheat~



PSP 改造 チートコード を自動で導入
iCheat R3 Beta 2 公開

1・iCheat R3 Beta 2 をダウンロード後、解凍します。

iCheat R3 Beta 2

2・解凍後出てきたPSPフォルダをそのままルートディレクトリに上書きコピー。


3・XMBより起動します。


4・メインメニューが表示されます。


導入チート
- NitePR Z640
- NitePR Z640(3.71 M33)
- DayPR
- CoderPR
- MKULTRAの
- DarkFrost
- NitePR
- CWCheat
グランドセフトオート専用チート
- GTA:LCS cheatDevice(5.00 M33)
- GTA:VCS CheatDevice (3.71 M33)
- GTA:VCS CheatDevice

ここではCWCheat で○ボタン を押してチートコードを導入してみます。
導入が成功するとgame.txt にチートプラグインが自動追加され、導入成功の
レポートが画面に表示されます。

5・一度 iCheat R3 Beta 2 を終了し、USB接続でsepluginsフォルダの
game.txt を編集。
初期状態ではプラグインが無効になっているので有効化し、保存してテキストを閉じます。


6・PSPをReboot し、プラグインを有効化。
チートを当てたいゲームをXMBより起動します。


7・ゲームを始めたら、「Select」ボタン長押しで「CWCheat」を起動。
「Select Cheat」を×ボタンで開きます。


改造項目が一覧になっているので、使用したい改造コードで[N]を[Y]に変更すれば、
改造コードが適用されます。
コードの選択が完了したら、○ボタンで戻り、メニュー上の項目「Enable cheats」の
左ボックスを[Y]に変更して効果を反映させます。
終わったら、○でゲーム画面へ戻ります。

8・そうするとなんと、チートが適用されています!!!



チートの導入は手順が多く、導入も大変なのですがiCheat R3 Beta 2 を導入すれば
瞬間です@@

コードの種類によっては大きくゲームバランスを崩してしまうので、導入前の
セーブデータバックアップは必須です。
<必要なもの>
CFW導入済みPSP
CWCheat

<導入方法>
1、DL したファイルを解凍し、出てきたフォルダの中の
       INSTALL/seplugins/cwcheat  を
               ms0:/PSP/seplugins にコピーします。

2、ms0:/PSP/seplugins/game.txt をメモ帳などのテキストエディタで開き、以下のように記述します。
         ms0:/seplugins/cwcheat/cwcheat.prx


3、cheat.db をメモ帳などのテキストエディタで開き、チートコードを書き込みます。書き込み方はチートコードの書き込み方法を参照してください。

フォルダ構造は以下のようになります。
ms0:/
└ seplugins/
  ├ cwcheat/
  | ├ mc/
  | ├ remaps/
  | ├ text/
  | ├ cheat.db
  | ├ cheatpops.db
  | ├ cwcheat.prx
  | ├ cwcheatpops.prx
  └ game.txt


4、リカバリーモードを起動し、plugins 項目の cwchea.prx [GAME] を Enabled にします。


5、ゲームを起動し、SELECT ボタンを3秒間長押しすると、CWCheat のメニュー画面が起動します。


※起動しない場合は、フルパスの記述ミスや、フォルダ配置のミスなどが考えられます。また、他のプラグインが干渉してしまっていることも考えられますので、他のプラグインは Disabled にしてください。
  • PSP関連ツールをワンクリックで一気に導入できる

PSP関連ツールをワンクリックで一気に導入できる「PSP Installer Deluxe v3.1」が公開されました。
以前更新されていた「PSP Pandora Deluxe」の改変最新版です。



0.PSPをPCに接続ソフトを起動。
   PSPに導入したいアプリやプラグインなどをチェックボックスで選択していくだけで
   必要アプリが一気に導入できるオールインワンソフトになっています。
   欲しいアプリを1つづつネットからダウンロードして導入するのが面倒なとき
   一気にやってくれるので、手間なく大変便利。
   1つ持っておくと重宝します。
   自作アプリやエミュレータ、PC用ツールなど導入できるファイルは多種多様。
   ダウンロードリンク先で確認してみてください。


PSP Installer Deluxe v3.1 公開

1・PSP Installer Deluxe v3.1 をダウンロード後、解凍します。
* 各種ファイルがたくさん詰まっているため、ファイルサイズが非常に大きいです。

PSP Installer Deluxe v3.1


2・PSPをPC、に接続。ドライブレターを覚えておいてください。
ダウンロードしたPSP Installer Deluxe v3.1.exe をダブルクリックで起動。


3・インストール画面になります。


4・Next をクリックして進めます。


5・導入したい各種アプリを選択します。
チェックボックスにチェックが入っているアプリが導入されます。
必要なものにチェック、不要なものはチェックを外してください。
もちろんすべてにチェックを入れ、一気の大量のアプリを導入することもできます。


6・「Browse・・」から接続中のPSPのドライブレターを選択。
「Install」をクリックして導入開始。
* このとき例えば自作アプリのみインストール際でも、「Browse・・」で選択する
フォルダを、ドライブ/PSP/GAME ときちんと指定する必要はありません。
ドライブレターのみ指定すれば、勝手に正しい場所へアプリやプラグインを配置してくれます。


7・インストール完了後、PSPを確認。
選択したアプリやプラグインが導入されていれば成功です。
プラグイン導入の際には、一度PSPを再起動して有効化してから確認してください。


ダウンロードするまでが大変ですが、一度手に入れてしまえば便利なアプリやプラグインが
いつでもすぐに導入できるようになります。


  • FW6.35からFW6.20にダウングレードできるツール

PSP FW6.35からFW6.20にダウングレードが可能になるツール
Davee 6.35 Downgrader r1.0 が公開されています。


PSP-1000/2000/30000 PSP go 全モデルに対応しています。
署名付きなのでPSP本体は完全無改造状態で導入可能です。
注意:PSP-3000 09g モデルのみFW6.30 未満へのダウングレードは非対応

PSP FW6.35からFW6.20にダウングレード 
Davee 6.35 Downgrader r1.0 公開

1・Davee 6.35 Downgrader r1.0 をダウンロード後、解凍します。

Davee 6.35 Downgrader r1.0

2・解凍後出てきたrelease_r1フォルダ内にあるPSPフォルダをメモステ(ms0:/ or ef0:/)
のルートディレクトリにコピー。

ms0:/PSP/GAME/Downgrader
ef0:/PSP/GAME/Downgrader

3・続いてOFW 6.20(公式FW)を用意し、GAME/UPDATE フォルダ内へコピー。

ms0:/PSP/GAME/UPDATE/EBOOT.PBP
ef0:/PSP/GAME/UPDATE/EBOOT.PBP

4・XMBより6.35 Downgraderを起動します。

ダウングレード作業完了後、本体設定を確認。
本体バージョンが6.20 になっていれば成功です。

バージョンが6.20 に下げられると「6.20 TN」を導入できるメリットがあります。
PSPのCFWを使っている方にお勧めのサイトを発見しました!
ただし、自分がしっかりUMDを持っていて、自分でバックアップとるのがめんどくさいという方のみDLしてくださいね。^^

下記のサイトでは、最新のUMDのDLサイトをUPしたりしています。

http://insaka3.blog129.fc2.com/
PSPで漫画が読める「PSP Manga FX」がv0.6にバージョンアップしました。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

PSPで漫画が読めるツールはほかにもいくつかあるのですが、開発者が日本人のため
完全日本語対応、漫画本タイトルセレクト時の文字化けもなく個人的にはイチオシのツールです。

漫画好きにはぜひ一度試して欲しい優良アプリなので、未導入ユーザーは一度触ってみてください。

きっと「こんなにできるちゃうのか」と驚くと思います。

1・準備が整ったところでPSP用漫画ビューア「PSP Manga FX」を導入します。

「PSP Manga FX v0.7 」  ・・・⇒  http://akiba.geocities.jp/pspfx/

7・続いてメモステ内に適当なフォルダを作り、漫画ファイルをコピー

自分の場合はメモステのルートに
「Bookshelf」フォルダを作り
そこにファイルを置いてます。

ZIP圧縮形式でもそのまま読み込めるので、
解凍の必要はありません。

8・PSPの電源を入れてメモリースティックより「PSP MangaFX」を起動します。
9・メニューが表示されます。

メモステ内が参照されるので、漫画ファイルを置いたフォルダを選択。

10・タイトルが表示されます。
日本人作者のため、海外ソフトにありがちなタイトルの文字化けがないのも
嬉しいところ。
何冊入れても非常に探しやすいです。

漫画タイトルをクリック。

11・PSPが漫画本になる!!
  • ついにPSPでDSが動く DsonPSP beta v0.1 導入解説

テストリリースのためまともに遊べるレベルではありません。

それでもPSP上でニンテンドーDSのROMが表示されているという、
信じられない画面を見た瞬間は感動ものでした。

今後も頻繁にバージョアップを続け、完全動作を目指すそうです。
これは期待せずにはいられません。



ついにPSPでDSが動く 
DsonPSP beta v0.1 導入解説

1・「DsonPSP beta v0.1」をダウンロード後解凍します。

「DsonPSP beta v0.1」  …⇒http://www.pspgen.com/yoshihiro-desmume-dsonpsp-nintendo-ds-emulateur-telechargement-189118.html 
「MEGAUPLOAD」  …⇒ http://www.pspgen.com/yoshihiro-desmume-dsonpsp-nintendo-ds-emulateur-telechargement-189118.html

2・解凍後出てきた「DSONPSP」フォルダ内にある「NDSROM」フォルダに
DSのROMイメージ(拡張子「.nds」)をコピー。

ROMを入れた「DSONPSP」フォルダをPSP⇒GAMEフォルダに
コピーします。

3・XMBより起動。

4・メニュー画面が表示されます。

日本語タイトルは文字化け。
ROMを複数入れた場合はコントローラーキーでROMを選択できます。
×ボタンを押してゲーム起動。

5・おおっ!

ここでPSP横のランプが激しく点滅。
めちゃくちゃパワー使ってROMを読みにいっているようです。

むおっ!?

でたーーーーっ!!!

読み込みにかなり時間がかかりますが確かにPSPで
DSROMが起動しました!
これは革命的、感動ものです!!(`・ω・´)

グラフィック表示は非常にキレイです。
タイトル画面でもゆっくりとアニメーションしてます。
* 「よすみん」のタイトルロゴの位置に注目


さぁ、ゲームスタート!

・・・すたーと・・・。

・・・・・・。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ


・・・タッチできねぇ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんもこれよ使うときはタッチが必要ないゲームで起動しましょうw
ChickHENよりも安定した成功率を誇る「MHUSpeed v3」が公開されました。
ChickHENを使っても出来ないという人はこちらもお試しください。
~~~~~準備する物~~~~~
・公式FW5.03のPSP
・USBケーブル
・MHUSpeed v3 DL http://www.megaupload.com/?d=0QW61XVW
~~~~~~~~~~~~~~~

①パソコンとPSPをUSB接続させます。

②ダウンロードしたMHUSpeed v3を解凍します。

③中に入っている「PICTURE」フォルダと「speed.bin」ファイルをms0:に上書きコピーします。

④適用しているカスタムテーマを外します。

⑤「本体設定」→「表示言語」を「English」に変更します。

⑥「本体設定」→「文字セット」を「US」に変更します。

⑦「フォト」→「メモリースティック」から「ChickHEN」フォルダを開きます。
※このときに、画像ファイルを閲覧してはいけません。

⑧読み込みが成功すると画面が一瞬バグり、自動的に再起動されます。
※ここでフリーズする方が多いようです。
できない人はファイルの配置をもう一度確認して、根気よく何回も粘るべし。
念のためUMDも抜いておきましょう。

⑨「本体設定」→「本体情報」から変更が確認できます。


これは本体の電源が切れるまで持続します。スリープモードは大丈夫なので安心してください。
Typhoonチームにより、公式FW 5.03のPSPでHomebrewを動作を可能にするHENがリリースされました。
~主な機能~
・Homebrewの起動
※PSPの電源が切れるまで。スリープモードはOK。

~できないこと~
・Flashの操作
・ISO/CSOの起動
・CFWのインストール
・プラグイン機能

~~~~~準備する物~~~~~
・公式FW5.03のPSP 
・USBケーブル
・ChickHEN Homebrew Enabler R2 DL http://www.mformature.net/2009/05/06/chickhen-firmware-503-r2/
~~~~~~~~~~~~~~~

①パソコンとPSPをUSB接続させます。

②ダウンロードしたChickHEN Homebrew Enabler R2を解凍します。

③PSP-1000/2000v1/v2の場合は「PHAT」フォルダをms0:/PSP/PHOTOにコピーします。

PSP-2000v3/3000の場合は「SLIM」フォルダの中にある「ChickHEN」フォルダをms0:/PSP/PHOTOにコピーします。

④「h.bin」ファイルをメモリースティックのルートにコピーします。

⑤パソコンとPSPの接続を切ります。

⑥適用しているカスタムテーマを外します。

⑦「本体設定」→「表示言語」を「English」に変更します。

⑧「本体設定」→「文字セット」を「US」に変更します。


⑨「フォト」→「メモリースティック」から「ChickHEN」フォルダを開きます。
※このときに、画像ファイルを閲覧してはいけません。

⑩読み込みが成功すると画面が一瞬バグり、自動的に再起動されます。
※ここでフリーズする方が多いようです。
できない人はファイルの配置をもう一度確認して、根気よく何回も粘るべし。
念のためUMDも抜いておきましょう。

⑪「本体設定」→「本体情報」から変更が確認できます。


これは本体の電源が切れるまで持続します。スリープモードは大丈夫なので安心してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。